まんがタイムオリジナル2018年7月号

まんがタイムオリジナル2018年7月号の感想

ラディカル・ホスピタル』 ひらのあゆ

 「あるある」 実際のところ、カレーを食べているときに白衣を着ている必要性はあるのだろうか?
 「ガチ勢」 医療系雑誌の読者という時点で対象は絞られます。

らいか・デイズ』 むんこ

 「初夏の良き日に」 時節に絡めた冷やし中華
 「来華ちゃんとかもめちゃん」 時節に絡めた部屋干し。
 「とりあえず着地」 自室から見た教え子ブログ。

『コスプレ先生の絵画教室』 東屋めめ

 普通なのにコスプレに見えるのは戦闘力を秘めているからでしょうか。戦闘パートのコスプレも見てみたいものです。

『きっと愛され女子になる!』 瀬戸口みづき

 カラーページのパワーを、ダサシャツとシャケに注ぎ込む。

わさんぼん』 佐藤両々

 移籍第1回
 「お寿司屋さんみたく」 練りきり、色素、各色の羊羹、餡があれば、ある程度の上生和菓子はオーダーメイドで作れそう。練りきりの色付けは小ロットでもできるし。「拵える」という言葉は、わさんぼんワールドだなあ。

『少女Switch』 ねこ末端

 回を追うごとに、それぞれの女の子の良いところが見えてくるし、成長もみえてくる。おだやかで優しい、でも前向きな世界。

『ゆとりの町長』 小坂俊史

 最終回
 「下を向いて歩こう」 帰郷から1年。また訪れたクリームソーダの季節。町本ゆとりがこれまで歩んできたのは、人より上に立つことのない、人より上に立つことに興味のない人生。ただし、人の上に立つことばかりを考えている人物と比べれば、リーダーとしての資質は多少高くはあるのでしょう。
 「鬼門」 単行本あとがきによれば、当初は異なるエンディングを予定していたとか。その場合、過疎の進む北部地区と、若者の多い中心部が、展開のキーとなったのかも。
 「胸が痛い」 せっかく作った選挙カーの有効活用。おだやかな老後ではなく、金のかかる趣味に邁進する老後へ。それもまたmeaning of life。
 「根拠がなさすぎる」 4コマ目のお花畑。
 「リロード占い」 絵のない3コマ目にギャグを仕込むあたりはさすが。当選確率30%は、リロードでの賭け率67%でフィフティ・フィフティに補正できる。
 「朝鳥町町長選挙について」 2人で違う涙の意味。実際のところ、当選したところで、議会の多数派をおさえているわけでもなく、苦難の道だったのでしょう。でも、最初からはあきらめないし、勝ちにつながらなくても試行錯誤はするし、十分ではなくても結果を残す。先の見えない地方で現実と戦う姿勢として、これは意味があったのだと思います。オール与党化した地方議会に支えられた首長の多い昨今において。
 「負けるわけにはいかぬ」 久しぶりの選挙に勝ったのに、お祭り騒ぎへのフットワークで負ける。
 「タイトルにこだわる女」 次回への布石とせず、結果としてフリダシのバカに戻ってしまうあたりが彼女らしさ。
 「ひとりだけ熱湯」 ぬるま湯行政からの脱却を(切実)。
 「ないからしまえ」 最後のコマ、窓から外を見る現職町長にも、町が持っていたポテンシャルが届いたかたちなのかな。単行本あとがきによれば、初期構想としては、町長になった町本ゆかりの悪戦苦闘マンガとする予定だったとのこと。この終わりかたでは、直接的にそこへはつながりませんが、町役場の臨時職員としての悪戦苦闘マンガへのスピンアウトは可能かもしれません。現町長は、傀儡として使いやすそうですし。

まんがライフMOMO 2018年7月号

まんがライフMOMO 2018年7月号の感想
http://4koma.takeshobo.co.jp/cat05/16337/

『宮尾さんは生えている』 TOもえ

 素直でない遊生さんにとって、素直でないことは自分らしさとして大切。でも、無防備でいられる相手ができてうれしいというのも、大切な自分らしさ。
 面倒見のいい人物が、あえて面倒見のよさを表面に出さないスタンスを選択して生きて、それでも信頼できる人物に対しては、それがにじみ出ている感じ。
 漫画の中の人物に心から「良かったねえ」と思えたのは久しぶり。ずっと話しかけたいと思っていた子は、思っていたよりずっと素敵な子だった。良かったねえ、大賀美さん。

『LΔLΔL』 とく村長

 「バリツとはマニアックな」と思いましたが、シャーロック・ホームズについては、おそらく小学生のほうが詳しい。

まんがくらぶ2018年7月号

まんがくらぶ2018年7月号の感想
http://4koma.takeshobo.co.jp/cat01/16402/

『有閑みわさん』 たかの宗美

 リベンジ弁当については、梅干の味よりも、1食の弁当に20個の梅干を使っていることのほうが恐ろしい。

『父とヒゲゴリラと私』 小池定路

 「気の利いたことを言えない」と判っているのは、総一の不器用な誠実さに対する信頼なのでしょうね。

『愛のたたき売り物産展』 胡桃ちの

 倉敷でも美観地区は7月の豪雨による被害が少なかったようなので、地元経済のためにも観光に行きたいなあ。

ゆるめいつ』 saxyn

 「雨トーク」 同じピンチを乗り切った同志。

『逆装ランデヴー』 次見やとら

 青柳くんが男前すぎて女性っぽくは見えないから、男女逆転というよりBL的な印象。それもまたよし。

小坂俊史×いしいひさいちスペシャルコラボ』

 「借金かえすぜ」 いしいひさいち作品のキャラには、性格がひねくれた人物や、愚かさゆえに悲惨な結果を招く人物は多いですが、「悪意の人物」というのは実は少なくて、そんな先生が描く「河田の悪意」は新鮮です。また、「いたずらキャラ」というのは植田まさし先生的な領域でもあるわけで、二重の意味で新鮮です。
 「しれっと言うね」 実は「借金かえすぜ」の4コマ目で、すでに登場していた沢口。現在において裁断機が現役なのは小学校ならでは。明らかな悪意のある河田より、表面上は悪意のみえない和泉と沢口のほうが恐ろしい。想像力を使うか、想像力を使う気がないか、といった差でしょうか。

まんがライフオリジナル2018年7月号

まんがライフオリジナル2018年7月号の感想
http://4koma.takeshobo.co.jp/cat04/16518/

『ちいちゃんのおしながき』 大井昌和

 室内でもクーラーが無いと耐えられない季節なのに、屋外で食べるアツアツのモツがとにかくうまいのは何故なんでしょうね。

『みっちゃんとアルバート』 森長あやみ

 風林火山。飛びあがること風のごとく、テント設営するとこ林のごとく、燃えやすいもの火のちかく、帰りの荷物は山のごとし。

『出会ってしまったツルとカメ』 むんこ

 「女のコ」 柱には「亀ちゃん、可愛すぎてたまらない」とありますが、この場面の鶴田くんも相当に可愛い。

『新婚よそじのメシ事情』 小坂俊史

38皿目 誕生日

 「誕生日に焼鳥丼が出た」というだけなのに、これだけのドラマ性。二人で生活しているというのは、こういうことなのでしょう。
 p104で想像した「どんどんいくよー」から、次ページの現実での「どん」「丼」への流れ。

39皿目 とんかつ屋

 「業務用のフライヤーなら大丈夫」ということが、個人経営のとんかつ屋が減っている一因でもあるのでしょう。
 昨今はどの業界でも、個人経営で商売を始めることのハードルがどんどん高くなっていて、それはやむを得ないのでしょうが、社会が痩せてきている感覚はどうしてもあります。
 「うどんかとんかつ」の太鼓の達人感。

小坂俊史×いしいひさいちスペシャルコラボ』

 「この薬品なに?」 ビリディアンは水酸化クロムの色、バーミリオンは元来は硫化水銀(朱)の色。水酸化クロムは化粧品に、硫化水銀は漢方薬に使われることがあるそうです。
 「はだいろ」 カラープリンターと化す池田。朱に交われば赤くなり、シアンに交われば青くなる。問題を糊塗する和泉。

『鬼桐さんの洗濯』 ふかさくえみ

 傘をひっくり返すときの擬音はカサッ。

『埼玉県には何もない』 野広実由

 埼玉県には100階建てビルはもちろん無いわけですが、実際の埼玉県で最も高いビルは、東京から荒川をはさんですぐの川口のタワーマンションであるらしく、さらなる残念感。

まんがライフ2018年8月号

まんがライフ2018年8月号の感想
http://4koma.takeshobo.co.jp/cat03/16550/

『ファーストクラスニートましろ』 えきあ

 コミュ障ひきこもりを、いきなり社交パーティーに連れていくという、カナヅチをオホーツク海に投げ入れるような所業。なぜ大丈夫だと思えたのか。

『白衣さんとロボ』 柴

 p69の2コマ目までとp74の3コマ目からが時間軸のつながった現実で、その間が白衣さんによる作中作という叙述トリック的な仕掛け。
 p69 ドラえもんの「ブルートレインはぼくの家」っぽい。
 p70右 大宇宙と些細な家。
 p71右 まず2コマ目で電灯の紐と髪の毛が重力から解放され、3コマ目からは二人も。重力の強さは距離の二乗に反比例するので、衛星軌道を周回しない場合の重力は、高度400kmで地上の89%、高度4万kmで地上の2%となります。月までの距離は38万km。人工衛星の中が無重力なのは、地球周回による遠心力を利用したもの。なぜ無重力にしているかというと、人工衛星の中で重力が働くということは、人工衛星自体にも重力が働くわけで、重力が働くと(地表との距離的な意味で)落っこちるわけで。まあ、落っこちる途中の自由落下でも、その内部は無重力になりますが。
 p73左 かつてタイルの剥がれるスペースシャトルという乗りものがありました。ロボの頭の中で行う計算は、暗算になるのか、コンピュータ演算になるのか。
 p74左 下のまめちしきは(白衣)ではなく(ロボ)が正解とのこと。

『眠り姫と起こさない王子』 渋谷一月

 一月だけにガレット・デ・ロワ。お正月のお菓子なので、日本で言うなら花びら餅か。
 アーモンドクリームの入ったパイとされますが、実際にはクリーム感はなく、やわらかいアーモンド生地の入ったパイといったほうが印象として近いのかも。アーモンド生地というのは、フィナンシェ(主原料はアーモンド)をしっとりと高密度にした感じのもの。
 大きなパイを切り分けて、フェーブ(陶器人形)の入ったピースを引いた人が当たりになり、王冠をかぶって王としてふるまう風習があるのですが、今回の場合は二人ともすでに王冠をかぶっていますね。
 ガレット・デ・ロワの小型版といったピティビエというお菓子があるのですが、南浦和にある洋菓子店ロタンティックのピティビエは、パイに対するイメージを変えるほどの逸品です。

『めんつゆひとり飯』 瀬戸口みづき

 十越さんも会社員なので、本来は「しごと」「しごとのえがお」「ありがとうのきもちと金」の組み合わせでないとおかしい。
 そして、三色百合弁当といった展開へ。

まんがくらぶ 2018年8月号

まんがくらぶ 2018年8月号の感想
http://4koma.takeshobo.co.jp/cat01/16885/

『となりの席の同居人』 神仙寺瑛

 新連載。
 非常にテンポよく特殊な舞台装置を完成させていますが、お祖父さんの家の全体イメージが浮かんでこないのは4コマ漫画ならではの歯がゆさ。ストーリー漫画だと大ゴマをいくつか使えば、その提示は容易なわけで。

『父とヒゲゴリラと私』 小池定路

 ゴリラの件がなければ、頭で考えすぎて自然なプロポーズはできなかったでしょうから、その意味でゴリラは結ぶの神。作品タイトルの回収でもあるのか。

『カナちゃんの回避アイテム』 アリモト

 完全に投げっぱなしのラストですが、調和への道筋がみえない物語というのも、ストーリー4コマのひとつのかたちとして意味があるのかもしれません。しかし、この話の場合、収束に向かおうとすると、すごく説明的になりそうなのが不安。

まんがライフオリジナル2018年8月号

まんがライフオリジナル2018年8月号の感想
http://4koma.takeshobo.co.jp/cat04/16982/

『ねこようかい』 ぱんだにあ

 巻頭カラー
 「だいだらぼっち」 夏の空気の色彩がさわやか。

『鬼桐さんの洗濯』 ふかさくえみ

 カッパ巻きポシェットかわいい。

『みっちゃんとアルバート』 森長あやみ

 森長あやみ先生は、作画担当ayamiとネーム担当dyneeのユニットで、欄外にお祝いコメントがあるように、このたびお二人が結婚されたとのこと。おめでとうございます。
 アンジャッシュのコントのような展開のなか、きちんと救出に向かうアルバートは、基本的に信頼できる。

『新婚よそじのメシ事情』 小坂俊史

40皿目 お好みあられ

 夫先生は和菓子にワイルドさを求めるタイプだったのか。そういえば『せんせいになれません』の藤田先生も無骨な和菓子を喜んでいたなあ。
 箱の中のお好みあられは、デジタルだと楽だけど、スクリーントーンを手で貼るとたぶん死ぬやつ。
 山口県が甘口醤油文化圏であることも、しょうゆあられ好きには影響しているのでしょうか。